文字サイズ

イオンタウンについて

代表からのメッセージ

地域らしさを活かした「まちづくり」を通して、地域とともに成長し、地域を支えるライフラインとしての使命を果たしてまいります

 当社はイオングループの中でディベロッパー事業を担い、ショッピングセンター(SC)の開発・運営に携わっています。当社が主に展開するのは、NSC(NeighborhoodShopping Center)と呼ばれ、日常生活に必要な機能を揃えた近隣型SCで、日本全国に145(2020年5月31日現在)SCを展開しています。

 近年、自然災害を起因とした広域災害や、新型感染症など、これまでにないリスクが全国で発生しており、お客さまの安全・安心への意識が大きく変わりつつあります。このような状況の中で、お客さまのニーズやライフスタイルは大きく変化し、国連で採択された「SDGs」(持続可能な開発 目標)に象徴されるように、環境問題をはじめとする社会課題に対する意識は世界的に高まっています。

 SCが選ばれる基準も、規模や目新しさ、話題性だけではなく、日々の生活を安定的に支えるためのインフラとして、環境活動や社会貢献活動に気軽に参加できる場所としてなど、地域社会の絆となる役割がますます重要になりつつあります。当社は地域との連帯を深めながら、「我がコミュ ニティにこのSCがあってよかった」とお客さまから支持いただける「まちづくり」に積極的に取り組んでおります。

 2019年には、6SCをオープンし出店を加速いたしました。既存SCについても、お客さまのニーズ変化に対応し、活性化、リニューアルに積極的に取り組んでいます。各SCでは、地域の皆さまへ、日々の生活に必要な品とサービスをご提供するとともに、災害発生時等には、安全・安心に貢献する拠点としての機能を整備し、地域インフラとしての社会的責任を果たしてまいります。また、文化交流や行政機能をSC内でご提供するなど、様々な要素を取り入れ変化し続けてまいります。

 当社は、小売業発のディベロッパーとして、常にお客さまの視点に立ち「こころはずむ出会い、いっぱい。」のSCを目指し、地域の皆さまから支持される存在であり続けたいと考えています。そのためにも、私たちは地域とともに前進し、皆さまにとって無くてはならない存在となれるよう日々研鑽してまいります。お客さま、同友店様をはじめとするパートナー企業様、行政機関の方々には、今後ともご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。
代表取締役社長 加藤 久誠