文字サイズ

イオンタウンについて

代表からのメッセージ

「まちづくり」を通して、地域とのつながりを深め、地域社会の未来とお客さまの心豊かな暮らしを支えてまいります

 当社はイオングループの中でディベロッパー事業を担い、ショッピングセンター(SC)の開発・運営に携わっています。当社が主に展開するのは、NSC(NeighborhoodShopping Center)と呼ばれ、日常生活に必要な機能を揃えた近隣型SCを、日本全国に148(2021年5月31日現在)SC展開しています。

 昨年以降、新型コロナウイルスによって、これまでの常識が変わり、新しい価値観も多く登場してまいりました。

 お客さまのニーズやライフスタイルが大きく変化するとともに、以前からあったデジタル化や気候変動等の重要な環境変化も一気に差し迫った課題となり、私たちはあらためてSCのありかたを問われていることを強く認識しています。

 2020年には、2つのSCをオープンするとともに、イオンタウンアプリやモバイルオーダーの導入、徹底した防疫対策など、新しい生活様式に対応し、お客さまに安心してお買物をお楽しみいただける環境を整えてまいりました。

 NSCには、日々の生活を安定的に支えるためのライフラインとしての役割だけでなく、地域社会の絆としての役割がますます求められていると考えております。環境活動・社会貢献活動に気軽に参加できる場や、密を避けた開放的なコミュニティの場としての役割を果たし、地域の皆さまを繋ぐ一助となれるよう努めております。

 各SCでは、地域の皆さまへ必要なお品物とサービスをご提供するとともに、災害発生時等には、安全・安心に貢献する拠点としての機能を整備し、地域ライフラインとしての社会的責任を果たします。また、文化交流や行政機能をSC内でご提供するなど、様々な要素を取り入れ、今後もお客さまのご要望にお応えできるSCを目指し、変化を続けてまいります。

 当社は、小売業発のディベロッパーとして、この2021年に誕生から10年を迎えます。今後も、地域社会の未来と生活の向上を支え、お客さまの心豊かな暮らしの一助となる場を創造すべく、日々研鑽してまいります。

 お客さま、同友店様をはじめとするパートナー企業様、行政機関の方々には、今後ともご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
代表取締役社長 加藤 久誠